サッカーW杯ロシア大会でのメキシコのファン

メキシコで人工地震 W杯対ドイツ戦のゴールの瞬間、市民の歓喜のジャンプが影響

© Sputnik / Ramil Sitdkov
サッカーW杯2018のニュース
短縮 URL
250

サッカーW杯でメキシコ代表が対ドイツ戦でゴールを決めた瞬間、本国メキシコでは地震が発生していたことが明らかにされた。ロシア津波警報庁「ウラジオストク」地域情報分析センターのスポークスマンがスプートニクからの取材に明らかにした。

スプートニク日本

これより前、メキシコの地質大気調査研究所の地震予測モニタリングシステム「SIMMSA」は人工的な地震が観測されたと発表していた。専門家らはこの人工地震の発生について、ワールドカップでメキシコ代表チームがゴールを決めた瞬間に大勢の市民が一斉に飛び跳ねたことから起きたものと推測している。少なくとも2つの地震観測メーターが11時32分に揺れを記録している。

「ウラジオストク」のスポークスマンは「これを地震と名付けていいかは難しい問題だが、地殻の揺れということは十分可能だ。これは弾性の波で車はこういったウェーブをよく感知する。地震学的にはなにも驚くべきことは起きておらず、サッカーファンたちが当時、地震観測所ないしは地震観測メーターに近い場所にいて、その揺れが記録されただけのことだ」と語っている。

関連ニュース

タグ
びっくり, スポーツ, サッカー, 地震, 2018年のロシアW杯, メキシコ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント