ブラジルファン(アーカイブ写真)

W杯でまた女性侮辱 今度はブラジル人がロシアの女性を犠牲に 本国でも怒り心頭【動画】

© Sputnik / Grigoriy Sysoyev
サッカーW杯2018のニュース
短縮 URL
288

全世界がサッカーを楽しむ祭典に集まった外国人からどうしてこれだけ女性差別発言が続出しているのか。げんなりさせられる話題がまた出現してしまった。

スプートニク日本

6月16日、SNS上にショッキングな動画が拡散した。W杯観戦のためにロシアを訪れたブラジル人サポーターらが若いロシア人女性を囲んでポルトガル語で卑猥な歌を歌っている。このロシア人女性はポルトガル語が理解できないまま、愛想よく笑い、自分も調子を合わせて歌い始めた。ところがブラジル人らが叫び、女性に言わせていた歌詞には「桃色のヴァギナ」(buceta rosa)という女性性器を示す卑猥なセリフが繰り返されていたのだ。

この様子を撮影した動画は最初SNS上にジョークとして流布されたという。ところがブラジル当局と市民はこれを見て怒りに燃え、国中を轟かすスキャンダルにまで発展してしまった。動画に撮影されていたブラジル人男性らは性差別を行い、ロシア人の友好的なホスピタリティを悪用したと本国で激しく糾弾されている。一方ロシアではこの動画は広範には流布されず、映されていた女性とのコンタクトはまだとれていない。一方でロシアの権利保護組織「change.org」は女性を侮辱したブラジル人らへの処罰を要求する請願書をまとめ、ロシア内務省および在露ブラジル大使館へすでに提出している。請願書を書いたアリョーナ・ポポワ氏はこの男性らには「ロシアのすべての女性の名誉と尊厳を傷つけた」ことへの責任を負わせるべきだと主張している。

これより前、バーガーキング・ロシアがロシア人女性へ侮蔑的な賞金獲得PRをSNS上に流し、謝罪に追い込まれている。バーガーキングがSNSで流した内容は、W杯にロシアにやってきた世界のサッカー選手と性交し、見事妊娠して優秀なサッカーの遺伝子を獲得した女性に賞金を与えるというもの。この提案は世論の怒りを買い、性差別主義だと糾弾された。バーガーキングはすでにこの発表を削除しており、謝罪を表明している。

ブラジル人のこのビデオが明るみになる2日前、実は日本人女性も対戦国のコロンビア人男性から性差別の犠牲となっていたことが発覚している。

問題が明るみになったのは、やはりビデオが発端。19日、サランスクで行われた日本対コロンビア戦でコロンビアの男性らが日本人女性2人に、「自分は良い売春婦だ」(ジョ・ソイ・ビエン・ペラ)という内容を教え、言わせていたのだ。当然何も知らない日本人女性らは友好的な笑みを浮かべながら、このセリフを繰り返している。コロンビア国内では恥ずべき行為としてこの男性らを激しく糾弾する声があげられている。試合後に両国のサポーターらが一緒にゴミ拾いをするなど、言葉の壁を超えた国際交流が伝えられた矢先にそれに冷や水を浴びせるような悲しいニュースとなってしまった。

W杯は今や世界全体の祭典と言っても過言ではないだろう。サッカーを愛し、自国代表を心から応援するために世界の果てからやってくるサポーターたち。費用だって決して馬鹿にならないはずである。そうまでしてやってきた地で、日本人サポーターとコロンビア人の集団ゴミ拾いなど、勝敗の差なく交流を喜び合う姿が報じられる一方で、交流に前向きな女性を性差別の対象として侮辱する発言がこうまで出される現実は嘆かわしい。15日の開幕式で、プーチン大統領は何十億ものサッカーを愛する人達を家族にたとえ、平和の強化、相互理解の名のもとにこのスポーツが持つ「人々をひとつにする力」を大事にするよう呼びかけた。このメッセージの真意が人々の心に届くことを願わずにはいられない。

タグ
びっくり, SNS, スポーツ, サッカー, 事件, 2018年のロシアW杯, 日本, ブラジル, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント