アリュー・シセ監督

セネガル監督、自分はW杯の「セックスシンボル」ではない

© Sputnik / Vitaliy Belousov
サッカーW杯2018のニュース
短縮 URL
0 30

サッカー・セネガル代表のアリュー・シセ監督は、ロシアの女性サッカーファンたちの間でW杯の「セックスシンボル」として人気を得ていることについて、驚き、嬉しく思っていると述べた。一方、監督自身は、自分を「セックスシンボル」だとは考えていないと語った。ロシアのマスコミが報じた。

スプートニク日本

シセ監督は試合が行われたエカテリンブルグで開かれた記者会見で「女性たちに愛されていることに驚き、嬉しく思っている… セックスシンボルのステータスを与えてくれてありがとう。だが自分をセックスシンボルだとは思っていない。セネガルにはアリューのような人はたくさんいるよ」と語った。

​シセ監督は、チームのゴールを喜ぶその身振りが評判となり、「セックスシンボルの称号」を得た。シセ監督のGIFはSNSで拡散し、人気となった。

関連ニュース

セネガル監督、一躍時の人&セックス・シンボルに

C.ロナウドが蹴ったボールをISSでキャッチ ロスコスモスがロシアW杯のジョーク映像を公開【動画】

タグ
SNS, スポーツ, インターネット, サッカー, 2018年のロシアW杯
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント