ファンID

ロシアW杯ファンIDがあれば年内のロシア旅行はビザ不要

© Sputnik / Ilya Pitalev
サッカーW杯2018のニュース
短縮 URL
0 40

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会のファンIDを持つ人が今年末までロシアに査証(ビザ)なし入国できる法案が、ロシア下院で最終可決された。所有者の家族にも特典があり、彼らは無料でビザを獲得できる。

スプートニク日本

プーチン大統領が先に、ファンIDの期間継続を提案。これは追加予算を必要としないだけではなく、ロシアへの外国人観光客数を増やし、国内経済への金の流入を確実にすることが狙い。

所有者のみが使えるファンIDはソチ五輪で初めて使用され、その後、FIFAコンフェデレーションズカップやサッカーW杯でも採用された。ファンIDはビザとして機能するだけでなく、鉄道や電車、公共交通機関の無料チケットとして機能した。

これからファンIDの所有者は今年12月31日まで、都合のいいときにロシアを訪れることができる。

関連ニュース

プーチン大統領、外国人サポーターのためにビザ緩和を約束

タグ
スポーツ, サッカー, 観光, 2018年のロシアW杯, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント