登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

スイス政府、5月9日モスクワ訪問の是非めぐり胸突き八丁

© Sputnik / Valeriy Melnikov / フォトバンクに移行戦勝記念パレード
戦勝記念パレード - Sputnik 日本
フォローする
5月9日にモスクワで行われる戦勝記念式典に参加するか否かをめぐってスイス外務省が露骨に神経を尖らせている。Tages Anzeiger紙が伝えた。

戦勝記念パレードへのクレムリンの招待状にどう応じるか、スイスは対応に苦慮している。「ロシアによる力の誇示をボイコットする決定を欧米のほとんどの指導者がとった。スイス連邦議会は決定を取りかねている。外務省はコメントを拒否している」と同紙。

米国務省のマリー・ハーフ報道官 - Sputnik 日本
米国務省、モスクワの戦勝パレードに参加しないよう諸国首脳に働きかけた事実を認める

政府のアンドレ・シモナッツィ報道官は短く「連邦議会の決断はまだだ」とコメントした。

連邦議会の回廊を恐慌が支配している。様々なバリエーションが討議されている。報道によれば、シモネッタ・サマグラ大統領ないしディディエ・ブルクハルテル外相が国を代表して式典に参加する可能性があるという。しかし多くが、そのことがキエフを侮辱するように見えはしないか、と怖れている。代替案として上がっているのが、駐モスクワ・スイス大使をパレードに参加させるというものである。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала