登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

NASA、火星サバイバル実験を開始

フォローする
NASAはハワイで火星での生活をシミュレートする実験を開始した。 6人がまる一年間、マウナロアの砂漠に設置された直径12メートルのドームに住み、外出時は必ず宇宙服を着用する。

バズ・オルドリン飛行士とフロリダ研究所、2040年までに火星にコロニーを形成する計画を策定中 - Sputnik 日本
バズ・オルドリン飛行士とフロリダ研究所、2040年までに火星にコロニーを形成する計画を策定中
実験は午前4時(モスクワ時)開始した。

チームは宇宙生物学者(フランス)、物理学者(ドイツ)、パイロット、エンジニア、建築家、医師、土壌学者(すべて米国)で構成されている。各人にベッドルーム兼仕事場が与えられ、食料としては粉末チーズやツナなどの缶詰が用意されている。外界との通信はインターネット経由で行われるが、アクセスは制限される。

実験の目的は、密閉空間にともなう乗員間の争いや、新鮮な空気、水、食料の不足といった問題を回避すること。

NASA 火星開拓史に名前を刻もう - Sputnik 日本
NASA 火星開拓史に名前を刻もう
実験チーフ、キム・ビンステッド氏がAFPに語ったところでは、これは第4次の火星生活シミュレーションであり、これまでの実験は120万ドルで済んでいる。「非常に安い経費だ」。現時点でもう3度実験を行えるだけの助成金が得られているという。

ガーディアン紙によれば、NASAはこれから8ヶ月の間に火星に無人探査機を打ち上げる可能性がある。有人探査は1〜3年後にも始まる見込みという。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала