登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国22州 パリ連続テロの後、シリア難民の受け入れを拒否

© AFP 2021 / Aris Messinis難民
難民 - Sputnik 日本
フォローする
フランスのパリでテロが発生した後、米国の50州のうち22州の知事が、シリア難民の受け入れを拒否した。CNNが17日、報じた。

CNNによると、シリア難民の受け入れに賛成しているのは、今のところコネチカット州とペンシルバニア州の2つだけで、テキサス州、フロリダ州、カンザス州、オクラホマ州、アイオワ州などが反対しているという。

Anonymous répond aux attentats de Paris ! 13 novembre 2015 - Sputnik 日本
ハッカー集団「アノニマス」 ISに宣戦布告
先に米下院国土安全保障委員会のマッコール委員長は、オバマ大統領にシリア難民受け入れプログラムの停止を訴えた。16日、実業家のドナルド・トランプ氏、テキサス州のテッド・クルーズ上院議員、ケンタッキー州のランド・ポール上院議員など、米大統領選挙の共和党の大多数の候補者も、難民受け入れプログラムの停止を支持した。また世論調査でトップに立った元神経外科医のベン・カーソン氏は、「一刻も早い」停止を求めた。

一方で米国務省のトナー副報道官は16日、シリア難民受け入れプログラムを変更する予定はないとし、米国は引き続き2016年にシリア難民を少なくとも1万人受け入れるという大統領の計画に従う方針だと発表した。

 

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала