メディア報道:朝鮮半島危機により米国は武器売り上げで記録的な額

© Fotolia / bilderstoeckchenメディア報道:朝鮮半島危機により米国は武器売り上げで記録的な額
メディア報道:朝鮮半島危機により米国は武器売り上げで記録的な額 - Sputnik 日本
米国は世界の武器市場でリーダーであり続けている。議会の報告をもとにThe New York Timesが伝えた。

2014年、米国は、武器で362億ドルを稼いだ。前年を95億ドル上回る成績だ。第2位はロシアで、売り上げは102億ドル。3位はスウェーデンで55億、以下フランス44億、中国22億ドルと続く。

米国はカタール、サウジアラビア、韓国との十億ドル単位の合意で、武器市場の50%強を支配している。米国は朝鮮半島における緊張の高まりを利用した。結果韓国は米国製武器の主要な購入者となり、その購入に70億ドル超を費やした。

イラクは米軍撤退後、自国軍の強化の必要から、武器輸入に73億ドルを費やし、ランキングで2位になった。

第3位は意外にもブラジル。この国も自国軍の刷新を旺盛に進めている。同国は65億ドルという膨大な額を主にスウェーデン製の軍用機の購入に費やした。
2014年の一年で、世界では718億ドルの合法的契約が交わされた、と同紙。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала