地球にチェリャビンスク隕石の「双子」が接近中

© Flickr / NASA Goddard Space Flight Center 地球にチェリャビンスク隕石の「双子」が接近中
地球にチェリャビンスク隕石の「双子」が接近中 - Sputnik 日本
2013年2月にチェリャビンスク上空で燃焼した小惑星によく似た小型の小惑星が3月初頭、地球に接近する。NASAが発表した。

SNSユーザー、「米国に大隕石が落ちた」と騒ぐ - Sputnik 日本
SNSユーザー、「米国に大隕石が落ちた」と騒ぐ
2年前、直径30mの小惑星2013 TX68が、高度200万㎞で地球上空を通過した。今回は地球から1万4000-1万7000㎞のところを通過する。その日は3月5日と見られている。

小惑星は2016年、2017年、2046年、2097年に地球を通過する。2017年9月に地球とぶつかる確率は2億5000万分の1で、これ以外のケースでは衝突確率はほぼ無視できるという。

2013 TX68が大気に入ってきた場合、爆発で、直径20mのチェリャビンスク小惑星の融解時の2倍のエネルギーが生まれる、とNASA。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала