ラトビア、NATO戦艦の水域侵入を簡素化

© AP Photo / Virginia Mayo, FileNATOの本部
NATOの本部 - Sputnik 日本
ラトビア政府は23日、NATOの戦艦がラトビアの水域に入るプロセスを簡略化する新たな規則を承認。政府広報によれば、理由は「欧州の安全保障状況の変化を受けて」のこと。

米国製無人偵察機 Global Hawk - Sputnik 日本
米国はシチリア島から軍用無人機を派遣することができる
ラトビア国防省はこれまで規則緩和の必要性について、「状況の変化を受け、またNATO加盟国としてのラトビアの義務を考慮した場合、NATO軍のラトビア入国を迅速化する必要性がある。これは軍事演習にも危機的状況が起きる可能性にも関連している」と説明してきた。

これまでは外国の軍艦のラトビア水域への進入2010年に内閣が採択した規則に従って行われていた。水域への侵入にはラトビア外務省に対して、複雑かつ多くの合意を提出する必要があったうえ、3つの省とラトビア軍の参加するなかで、合意の承認が行われなければならなかった。ラトビアのミックスニュースが報じた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала