ヤクーチア、12400年前に地球上に住んでいた子犬の脳を研究

2015年8月、ロシアの科学者が大発見を発表した。ヤクーチアで、更新世代の子犬の遺体が発見された。同じ地域で発見された別の子犬の「親類」である可能性がある。

エジプト - Sputnik 日本
ツタンカーメン廟に秘密の部屋が見つかる
2011年、遺骨はトゥマト村の住人が見つけ、博物館に引き渡された。子犬は良好な状態で保存されている最古かつ唯一の同種の代表となっている。
第二の子犬は偶然に発見された。大学から最初の子犬の場所を探す遠征隊が派遣され、旅の目的に新たな子犬の捜索は含まれていなかった。しかし、第二の子犬は、第一のそれからわずか2メートルのところで発見された。

すでに約12400年前のものと同定されている。

子犬の歯が保存されていることに絶大な価値がある。脳もまた、ほぼ無傷であると考えられている。既に脳の保存率が70から80%であることが確立されている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала