古生物学者ら、大量絶滅を生き残る方法を考案

© REUTERS / 2012 D3D Ice Age, LLC古生物学者ら、大量絶滅を生き残る方法を考案
古生物学者ら、大量絶滅を生き残る方法を考案 - Sputnik 日本
米シカゴ自然史博物館の古生物学者らは生き物が地球大変動と大量絶滅を生き残る方法を考案した。サイエンティフィック・レポートより。

バングラデシュでは2000万人がヒ素入りの水を飲んでいる - Sputnik 日本
バングラデシュでは2000万人がヒ素入りの水を飲んでいる
彼らの理論によれば、生存率は、主に低寿命、小型、早期の繁殖に依存する。

海洋生物種の96%と陸生脊椎動物種の70%の絶滅につながった2億5200万年前のペルム紀大絶滅を生き延びた小さな爬虫類、たとえばリストロサウルスが例に挙げられている。

大惨事の後この種の寿命は14年から3年に低下し、サイズが縮小され、より早い年齢で子孫を作るようになった。

世界が人間の活動に起因する次なる大量絶滅に近づいている可能性を考えると研究の結果は重要である、と科学者らは考えている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала