ロシアで社会主義リアリズムが流行(写真)

© 写真 : David Burdeny地下鉄アルバーツカヤ駅
地下鉄アルバーツカヤ駅 - Sputnik 日本
ソ連の公式的な芸術とされた社会主義リアリズムは地下鉄のモザイク、市の建物やその浮彫模様など、今もロシアの毎日の生活のいたるところで見られる。

モスクワでは毎日、おびただしい数の利用客が地下鉄の階段を上り下りするが、モスクワの地下鉄こそ、特に中心部の駅は内装も外装もスターリン様式の象徴。モスクワの市民はもう慣れっこになっており、地下鉄は単なる便利な交通手段だが、初めてこの都市を訪れる観光客にとっては観光名所で、目を見張る装飾に驚く姿が見られる。

© Sputnik / A. Volkov社会主義リアリズム
社会主義リアリズム - Sputnik 日本
社会主義リアリズム
ソ連崩壊から25年。ソ連芸術への関心は再燃している。ソ連式の古い家具、社会主義リアリズム様式の絵画、古い家電やオーナメントの価値に再び目が向けられるようになっている。
ソ連様式の物品をコレクションする人も増えている。コレクションは古き良き子供時代をしのばせるからだろう。この社会主義リアリズム様式は今、ある種の流行になってきたかんがある。

© Sputnik / Vitaliy Belousov社会主義リアリズム
社会主義リアリズム - Sputnik 日本
社会主義リアリズム

先に、モスクワに住むベトナム人女性、ファム・トゥイ・クユンさんによる、手まりの展覧会がモスクワの185番図書館「文化の対話センター」で開かれていると報じられた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала