新テクノロジー - Sputnik 日本
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

獰猛なメスのサメがオスなしで出産

© Fotolia / Marc Henauer獰猛なメスのサメがオスなしで出産
獰猛なメスのサメがオスなしで出産 - Sputnik 日本
獰猛なサメのメスが長期にわたるオスとの交尾もなしに健康な子ザメを産んだ。DNA分析で子孫をもうけるために高齢の母ザメは交尾による生殖ではなく、交尾なしの出産に切り替えたことがわかった。

学者 クサリヘビが噛みつくのに要する速度を測定する - Sputnik 日本
学者 クサリヘビが噛みつくのに要する速度を測定する
母ザメの名はレオニ。豪州タウンスヴィッラの水族館で12年にわたってオスザメと暮らしていた。この間に2匹は24頭の子ザメをもうけた。ところが2013年、オスザメは別の水槽に移されたため、レオニは1匹だけで遺された。夫から離され数年を暮らしたレオニは2016年、突然3匹もの健康な子ザメを出産した。

DNA鑑定の結果、子ザメからは母親の遺伝子のみが検出されたことから、母ザメは交尾を行なわずに出産したことが判明した。

サメの数種、七面鳥、コドモオオトカゲ、ヘビ、エイのなかには通常は交尾で子どもを産む種類でも交尾なしで子孫をもうける能力をもつものも見られる。

先に、海洋生物保護を掲げて活動を行なう団体「シーシェパード」は豪州海域で違法な捕鯨を行なっていた日本の船からミンククジラの死体が発見されたことを明らかにした。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала