登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

北大・札幌医大はアイヌ遺骨返還へ

© © Flickr.com/yvon.liu/cc-by-nc-sa 3.0Un séisme est annoncé près de l'île japonaise d'Hokkaido
Un séisme est annoncé près de l'île japonaise d'Hokkaido - Sputnik 日本
フォローする
北大が保管しているアイヌ民族の遺骨について、浦幌アイヌ協会(十勝管内浦幌町)が北大に返還などを求めた訴訟は22日、札幌地裁(岡山忠広裁判長)で和解が成立した。また、札幌医大も研究目的で保管していたアイヌ民族の遺骨1体を、発見地である北海道浦幌町に返還する方針を自発的に固めた。

スプートニク日本

原告側代理人によると、和解では、北大医学部の研究者が1934~35年に浦幌町内の墓地から持ち去ったとして返還を求めた64体に加え、北大側は新たに12体を返還対象にした。北大側からは「箱に入っている遺骨を整理した」と説明を受け、浦幌町内から掘り出されたとみられるが、詳しい発掘時期や場所などは不明という。北大は理由を明らかにしていない。

共同通信の報道に基づけば、二大で返還対象は、北大76体、札幌医大1体で、アイヌ民族の遺骨返還として過去最多の規模になった。浦幌町への搬送や再埋葬の費用約200万円は北大側が負担。浦幌アイヌ協会は6月以降、同町の協力を得て町営浦幌墓園に再埋葬する。北大は76体のうち身元が特定できる可能性がある13体についてはホームページで1年間情報を公表し、子孫などが名乗り出なければ原告側に引き渡す。

 

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала