北朝鮮問題がラブロフ、ティラーソン両外相会談で討議の予定

朝鮮半島における米国の行動についてラブロフ、ティラーソン両外相会談で話し合われる。リャブコフ外務次官が明らかにした。

スプートニク日本

米国務長官、ロシアに選択を突きつける 「我々か、アサドか」 - Sputnik 日本
米国務長官、ロシアに選択を突きつける 「我々か、アサドか」
リャプコフ外務次官は「我々は朝鮮半島へのアプローチにおいて生じている事態に非常に懸念を抱いている」と語っている。

朝鮮半島情勢は北朝鮮側からの一連の弾道ミサイル発射実験後、緊張化。この後米国は同地域にカール・ビンソン空母率いる攻撃空母群を差し向けた。

ティラーソン長官はモスクワ入りしており、12日にラブロフ外相と会談を行う。両外相はシリア、リビア、朝鮮民主主義人民共和国、ウクライナ問題のほか、ロシア外務省のいう「現在、冷戦終了以来、最も複雑な時期にある」両国関係について話し合うものと見られている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала