クリミアの道路予定地で古代の埋葬地が見つかる

© Sputnik / Mihail Mokrushinクリミアの道路予定地で古代の埋葬地が見つかる
クリミアの道路予定地で古代の埋葬地が見つかる - Sputnik 日本
クリミアの「タヴリダ」道路と、ケルチ海峡の架橋に続く自動車道の建設予定地を調査している考古学者らが、ケルチの近くで古代の埋葬施設と要塞を発見した。スプートニクが、クリミア共和国運輸省広報部の情報を引用して報じた。

モスクワ中心で秘密の地下室が発見 - Sputnik 日本
モスクワ中心で秘密の地下室が発見【写真】
スプートニク日本

橋へ続く自動車道と「タヴリダ」道路の建設予定地を調査しているのは、ロシア科学アカデミー考古学研究所の専門家たち。専門家らの課題は、道路建設予定地での歴史的遺産の発見と保存。

運輸省は「考古学者らが道路建設予定地で古代の埋葬施設を調査している。そこには複数の埋葬地がある。それらはボスポロス王国古代史の様々な時代のものだ。考古学的発掘調査はさらに約2か月続く」と発表した。

また運輸省は「ボスポロス王国(現ケルチ)東部の防衛ラインの一つであるチリタクスキー・ヴァールの区域を調査している。すでにこの建造物の広大な面積が明らかにされ、その構造が初めて詳細に調査されている。考古学者たちは土や石で築かれた土塁や深い壕の支壁を発掘した。調査された土塁の区域は、紀元前4世紀から3世紀のもとみられる」と発表した。

先の報道によると、英国の道路作業者が、およそ2000年前の集落を発見し、珍しい遺物が大量に見つかった

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала