登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

NASA、火星探査宇宙船発を正式に延期

© AP Photo / Chris O'MearaNASA's Orion spacecraft, atop a United Launch Alliance Delta 4-Heavy rocket, lifts off on its first unmanned orbital test flight from the Cape Canaveral Air Force Station Friday, Dec. 5, 2014
NASA's Orion spacecraft, atop a United Launch Alliance Delta 4-Heavy rocket, lifts off on its first unmanned orbital test flight from the Cape Canaveral Air Force Station Friday, Dec. 5, 2014 - Sputnik 日本
フォローする
米航空宇宙局(NASA)の広報担当は、高い費用と、開発時の予期せず困難のため、宇宙船「オリオン」が発射を延期したと発表。オリオンは2019年に月、将来的には火星旅行を予定していた。

NASA、ISSの宇宙飛行士の船外活動の生中継を開始【動画】 - Sputnik 日本
NASA、ISSの宇宙飛行士の船外活動の生中継を開始【動画】
スプートニク日本

NASAで有人探査を担当するウィリアム・ガーステンマイヤー氏は、「原則的に、このような飛行は技術的に可能だった。だが今日には、正当化されたように見えない。さらに、その実現には多くの時間を要し、枠内に抑えようとしている予算の枠外にプロジェクトを追いやる」と述べた。

繰り返し利用可能な宇宙船「オリオン」は、2011年に終了した「スペースシャトル計画」の後、米国が宇宙に戻るために主な道具として開発されている。オリオンの主なミッションは、月や火星へ米国の宇宙飛行士を運ぶことにある。

ガーステンマイヤー氏は、これら全ての遅れは、2030年度中頃を目標にしている火星有人旅行に関するNASAの長期計画実現に影響を及ぼさないとの見解を示した。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала