新テクノロジー - Sputnik 日本
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

カメレオン湖が見つかる ロシア【写真】

© 写真 : I. Olkhovskiyロシアのメドウェジエ湖【アーカイブ写真】
ロシアのメドウェジエ湖【アーカイブ写真】 - Sputnik 日本
トムスク国立大学地質地理学部の研究者がロシア・ハカス共和国のタロエ湖を調査し、この湖塩が季節によって含有物を変えることを発見した。

スプートニク日本

研究者は「タロエ湖の塩は季節によって鉱物成分を変える。夏には硫酸塩のテナルド石が、冬には含水硫酸ナトリウムの芒硝が水中に存在する。湖塩の水溶液には効能がある」と述べた。

ハカス共和国のミネラルウォーターのメーカーが研究者に、薬効の見地から湖水を調べるよう依頼したということだ。

この前、ロシア人専門家を含めた古生物学者の国際調査グループは、ヴォルガ川沿岸で、これまで知られていなかった種類のプリオサウルスの骨を発見した

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала