登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

蜂蜜は血管を中か掃除し、心臓発作を防ぐ

フォローする
蜂蜜が含有する天然の糖質「トレハロース」は心臓発作を防ぐ可能性がある。英紙デイリー・メールがワシントン大学の研究グループの論文を元に報じた。

米学者グループ「果物を食べる人達は、そうでない人より30%長生きする」 - Sputnik 日本
米学者グループ「果物を食べる人達は、そうでない人より30%長生きする」
スプートニク日本

トレハロースはタンパク質の一群である転写因子「TFEB」を活性化させる。TFEBはマクロファージに、動脈に蓄積した脂肪を取り除かせる。マウスを用いた実験では、トレハロースは蓄積した脂肪を30%ほど減らした。

つまり、実験では動脈が柔軟さを失い血圧が高まり、深刻な心臓病や心臓発作を進行させるアテローム性動脈硬化症のリスクが減った。普通、アテローム性動脈硬化症を患っている際、マクロファージは血管の炎症に集中して作用するために脂肪を取り除かない。しかし、トレハロースはマクロファージの働きを強めるだけでなく、全く新しい働きをさせて脂肪を取り除かせるのだ。

トレハロースはキノコやロブスター、エビにも含まれている。1つ注意したいのは、実験で効果が確認されたのは、トレハロースを注入した場合のみで、経口摂取では効果が見られなかった。

この前、学者が、脂肪の膨大な効用を語った。それは何より、免疫機能を高めると発表された

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала