登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

なぜ16歳のドイツ人少女リンダはイスラム国に加わったのか?スプートニク調査

フォローする
この記事は、モスルで身柄を拘束された、16歳のドイツの少女リンダについてのスプートニクの調査結果だ。彼女は、難民キャンプもなく、そしてイスラム教がまったく盛んではない小さな町から脱走したのだ。少女の友人の話によれば、リンダがキリスト教ではない宗教に魅力を感じていると知ったリンダの両親は、自ら彼女にコーランを与えたのだという。

16歳のドイツ人少女がIS加入、指揮官と結婚 モスルで発見 - Sputnik 日本
16歳のドイツ人少女がIS加入、指揮官と結婚 モスルで発見
スプートニク日本

16歳の女子学生リンダは、ドイツ・ザクセン州の、プリスニッツというさして大きくない町から、テロ組織「イスラム国」へ入り、イスラム国の活動家たちからイラク北部のモスルが政府軍によって解放されたときに、イラクで逮捕された。

リンダが両親の住む家を離れ、ダーイシュ(イスラム国)に加わるために中東に向かったのは、彼女が15歳のときだった。2016年の7月初頭、リンダは両親に「友達のところに泊まる」と言い、空港へ向かった。これが、両親がリンダを見た最後だった。

目立たない女の子

リンダの両親は離婚し、リンダの母は現在、新しい夫と暮らしている。「リンダとは面識があった」この地域に住む、匿名のある住人はこう話した。「彼女はとても静かな女の子で、誰からも気づかれないような子だった。私は彼女の家庭に問題があったことを、特に父との関係に問題があったことを知っている。おそらくはそのことが、彼女の逃亡の原因になったのだろう。後で知ったことだが、リンダはインターネットで、アラブ諸国の、若いムスリムの男性達と交流していた。そこで彼女は、多分ボーイフレンドと出会ったのだろう。よく若い女の子たちにありがちなように、ボーイフレンドがリンダに大きい影響をもたらした。最終的に彼は彼女に、イスラム国の戦闘員として中東に行くことを決心させたのだ

リンダがあるときにイスラムに非常に魅力を感じていたことは、小さな町では「有名な秘密」だった。スプートニクへの情報提供者は「特に彼女の両親が、彼女の逃亡の前にコーランを自分の娘に贈ったことは驚くべき事実だ。両親はそのことに全く大きな意味を感じていなかったし、将来的にどんな規模のことが起こるか考えもしなかった」と述べた。

それはどこでも起こる可能性があった

ミニスカート【アーカイブ】 - Sputnik 日本
サウジアラビアをミニスカートで散歩していた女性、釈放される
プリスニッツ市のバーバラ・リューク市長によれば、プリスニッツ市民はリンダがイスラム国のメンバーであるという第一報を聞いて、憤慨したという。「多くの人が、その少女が私たちの小さな町出身であるということをとにかく想像できなかった。プリスニッツには難民のための施設もないし、おそらくイスラムの教えを実践している人もいないだろう。しかし私は、こういったことは、インターネットさえあれば、どんな町でも起こりえたことだと思う

家への帰還

7月22日土曜日、ドレスデン市の検察は、16歳のリンダがザクセン州出身のドイツ人であり、2016年の夏に消えた人物であると確定した。両親が彼女の失踪を訴え出ていた。また検察は、少女はモスルで拘束され、現在は在イラクのドイツ大使館で監視下にあるということを認めた。23日、リンダ自身が、イスラム国へ加わったことを後悔しているということを述べた。彼女の言葉によれば、彼女は両親のいる家にとても帰りたがっていると、新聞「ヴェルト」が伝えている。リンダは捜査当局に協力する準備が出来ており、必要な証言・陳述をするつもりだ。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала