ハイパーループ 旅客カプセルのプロットタイプの走行実験で時速310キロ達成 【動画】

米国のイーロン・マスク氏が構想を発表した次世代交通システム「ハイパーループ」に用いる旅客カプセルXP-1の実物大のプロットタイプがさらにもう1段階の実験を通過した。実験を行ったのは「ハイパーループ・ワン」社。

スプートニク日本

Hyperloop - Sputnik 日本
ロシアにハイパーループ、音速トラベルを世界で初めて実現できるか?
米ブログサイト「TechCrunch(テッククランチ)」の報道によれば、実験はラスベガス郊外の試験区画「デヴ・ループ」で7月29日に行われ、プロットタイプは長さ500メートルの「デヴ・ループ」の中を300メートル走行し、時速310キロまで速度を上げることに成功した。「デヴ・ループ」内の圧力は実験時に海抜6万900メートルの高さの気圧レベルにまで下げられた。

ハイパーループ・ワン社は同タイプのハイパーループは時速およそ740キロまで速度を伸ばせると指摘している。

2012年ハイパーループの構想を出したのは、エンジニアで起業家、投資家のイーロン・マスク氏だ。新しい交通手段ハイパーループは飛行機の2倍早く、新幹線の3~4倍早い。さらに、列車は安全で、太陽光エネルギーで稼動する。ソコロフ氏は、ペテルブルグ国際経済フォーラムのロビーでこう語った。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала