登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国務省:グアム島付近に北朝鮮ミサイルが飛来すれば迎撃する

© REUTERS / KCNA北朝鮮によるミサイル発射
北朝鮮によるミサイル発射 - Sputnik 日本
フォローする
米国務省のスーザン・ソーントン臨時補佐官は外国人記者向けブリーフィングで「(北朝鮮の)ミサイルがグアム島を標的にしたり、或いはその上空を飛行すれば、我々は迎撃する」と明言した。

スプートニク日本

北朝鮮による度重なるミサイル発射は同盟国の日本や韓国の領空を侵犯しているが、これに米国はなぜ軍事行動で応えないのかとの記者らの質問を受けて、回答した。

金正恩 - Sputnik 日本
水爆実験 北朝鮮のハッタリか?
ソーントン臨時補佐官は回答の中で、これはジェームス・マティス国防長官も既に表明していることだと指摘した。

ソーントン氏によると、今ではミサイルの飛来方向や着弾場所を確定することが可能だという。また日本では、国民向けの警報システムが運用を開始している。

同氏は「軍事行動を取るか否かは、具体的な状況によって決まる」と付け加えた。

先ほど、核兵器の専門家ジョー・シリンシオーネ氏は、ニュース配信サイト「ディフェンス・ワン」の囲み記事で、日本の上空あるいは米国の方向へ飛行中のミサイルを原則的に迎撃できない理由について説明した。

また、軍事専門家のウラジーミル・エフセエフ氏は、「パトリオット」(PAC3)配備による日本の措置について、北朝鮮のミサイル脅威から東京を守るには全く不十分だとの見方を示した。

関連記事

北朝鮮のミサイルはどこまで飛ぶことができるのか

米国防長官 日本を北朝鮮の煽動から守ると明言

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала