登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

バルセロナ生まれの元仏首相、カタルーニャ独立が欧州に与える影響について語る

© AFP 2021 / Eric Piermontバルセロナ生まれの元フランス首相マニュエル・ヴァルス氏
バルセロナ生まれの元フランス首相マニュエル・ヴァルス氏 - Sputnik 日本
フォローする
バルセロナ生まれの元フランス首相マニュエル・ヴァルス氏は、スペイン北東部カタルーニャ州の独立は、地域にとって「経済的大惨事」となるだけでなく、欧州を破壊する恐れもあると考えている。

スプートニク日本

ヴァルス氏は、仏週刊紙ジュルナル・デュ・ディマンシュ向けの記事で「カタルーニャの指導者たち、そしてカタルーニャの人々に警告する必要がある。それは、スペインからの独立はEUおよびユーロ圏からの脱退を意味しているということだ。これは複数の企業の事務所の閉鎖と共にすでに始まった経済的大惨事となる」と指摘した。

「カタルーニャは300年待った。さらに待てるだろう」 - Sputnik 日本
「カタルーニャは300年待った。さらに待てるだろう」
またヴァルス氏は「この道はスペインの崩壊、欧州の崩壊を意味している。これはカタルーニャの歴史やアイデンティティと矛盾している。同地域、その文化、経済の強みは、その地域が同時にカタルーニャであり、スペインであり、欧州であることにある。もし皆さんがこれらの要素のうちの一つを取り除いたならば、皆さんはアイデンティティの一部を失うことになるだろう」と強調した。
さらにヴァルス氏は、カタルーニャ州政府に対し「スペインを尊重」し「その政府を手助け」するよう呼びかけた。

スペインの憲法裁判所は、カタルーニャ州の独立の是非を問う住民投票が始まる前にそれを凍結した。一方、カタルーニャ自治州政府のカルレス・プッチダモン首相は10日に議会で演説し、今月1日に行われた住民投票の結果、独立国家を樹立する権利を得たと語った。なお首相は、スペイン当局と対話をするために独立宣言の数週間の停止を議会に提案した。

カタルーニャ自治州でデモ - Sputnik 日本
民族自決 - 現代国家の脅威
また同じく10日、プッチダモン首相や一部の議員を含むその他のカタルーニャ独立支持派は、独立宣言に署名した。なお現時点で同宣言はいかなる法的効力も持っていない。

10月11日、スペイン内閣はカタルーニャが独立を宣言したのか否かについて説明するよう求めた。プッチダモン首相は16日までに返答しなければならない。返答がなかった場合、あるいはその返答がスペイン当局にとって満足のいくものではなかった場合、スペイン政府は19日、カタルーニャ自治州の自治権停止を可能とする憲法第155条の適用を開始する。

関連記事

カタルーニャ州住民投票は欧州でドミノ現象を誘発するか?

スペイン、カタルーニャ州との交渉で仲介は必要ない

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала