カムチャツカで絶滅した海洋生物の骨格が見つかる【写真】

ロシア・カムチャツカ地方のコマンドルスキー国立公園で、絶滅したステラーカイギュウの骨格が見つかった。ロシア天然資源・環境省スプートニクに明らかにした。

スプートニク日本

骨格の大きさは5.2メートル。コマンドルスキー国立公園は、一部が欠損しているがこれほど状態のいい全身骨格は見つかったことは「学術全体にとっても、コマンドルスキー国立公園にとっても極めて重要な出来事」だと発表した。

骨格は、組立てと研究のため研究者に送られた。

ステラーカイギュウは全長10メートル、体重5トン以上にも及ぶ大型の海棲哺乳類。沿岸に生息し、コンブなどの海藻類を食べていた。

© 写真 : Reserva Natural de Komandorskiステラーカイギュウの骨格
ステラーカイギュウの骨格 - Sputnik 日本
ステラーカイギュウの骨格

ステラーカイギュウ同様ジュゴン科に属し現在も生息するのはジュゴン。実際にステラーカイギュウを見て描写した唯一の研究者はゲオルク・ヴィルヘルム・シュテラー(ステラー)で、名前はそこから取られた。

ステラーカイギュウは人間による発見から27年で絶滅した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала