ロシアの経営リーダー、天丼からムダの削減を学ぶ?

© 写真 : ROYAL HOLDINGS Co., Ltd.天丼
天丼 - Sputnik 日本
日本センター(貿易経済交流発展のための日本センター)は日露政府間合意に基づき、外務省事業の一環として、ロシア人経営者養成を目的とした訪日ビジネス研修生を毎年輩出している。1日、研修生同士で経験を分かち合い、交流を深めるため、モスクワの日本大使館で「フォローアップセミナー」が行なわれた。

スプートニク日本

冒頭、ロシア工業団地協会顧問の大橋巌氏が、地域創生・都市再生をテーマに講義を行なった。大橋氏は箱根や浜松などにおける地域振興の成功例を挙げ「成功するプロジェクトの裏には必ず『私』と『公』のパートナーシップがある。はっきりとしたコンセプトをもち、地元住民や企業、役所、鉄道会社などが同じ目的に向かって協力するべきだ」と指摘した。最近のモスクワでは日本のように駅を中心としたまちづくりに注目が集まっているが、駅周辺の再開発はまだまだ発展途上である。

訪日研修生の多くは、「企業経営者養成計画大統領プログラム」を特に優秀な成績で修了した人々だ。このプログラムは市場経済に精通した若手リーダーを養成する目的で始まり、今年で20年目を迎えた。この日は修了証授与式も行なわれ、女性の姿が多く見られた。

© 写真 : Asuka Tokuyama大統領プログラムの修了証を手にする女性たち
大統領プログラムの修了証を手にする女性たち - Sputnik 日本
大統領プログラムの修了証を手にする女性たち

セミナーでは、今年日本を訪問したばかりの研修生が自らの体験や感想を発表した。「川越を視察し、商店街と交通インフラの同時発展が欠かせないと気付いた」「都内に地方のアンテナショップがあるのは素晴らしい。モスクワにも我が州のショップを作りたい」「大田区の町工場視察で、工場が住宅街の中にあるのに、それを住民が歓迎しているのに驚いた」などの意見が出された。

実証完了式典にて。荒井氏(右から二人目)と佐藤氏(同三人目) - Sputnik 日本
日本の信号システム、渋滞を40%減らしモスクワで実力を証明:地方都市に広がるニーズ
ロシアでは工場地帯というとイメージが悪く地価も低い。しかし大田区の町工場は地域にとけこみ、その技術力によって、町内ばかりか日本中に誇れる存在になっている。このギャップはロシア人にとって大きかったようだ。また、「信金を訪問したらロシアの国旗をふって歓迎してもらい感激した」など日本側の気遣いに感謝する声や、「日本の経済成長の秘密は日本人にある。日本人がロシアに移住してくれれば問題は全て解決だ」という冗談も飛び出て、笑いを誘った。

ロシアの大手銀行「VTB24」でスタヴロポリ地方の支店を統括しているアルセン・タナニャンさんは、今年9月に「生産におけるカイゼン」をテーマにした訪日研修に参加した。

© 写真 : Asuka Tokuyamaロシアの大手銀行「VTB24」のアルセン・タナニャンさん
ロシアの大手銀行「VTB24」のアルセン・タナニャンさん - Sputnik 日本
ロシアの大手銀行「VTB24」のアルセン・タナニャンさん

ロシアで病気になっても大丈夫?ロシアの病院、ただいま進化の真っ最中! - Sputnik 日本
ロシアで病気になっても大丈夫?ロシアの病院、ただいま進化の真っ最中!
タナニャンさん「新宿の京王百貨店に行き、ビジネスモデルが非常に論理的に考え抜かれているという印象を受けました。プレゼントの用途にあわせて包み紙を変えたり、高齢のお客さんのためにエスカレーターのスピードを遅くしたりと、一つ一つの試みは小さいかもしれませんが、それが総合的に快適さを作り出しているのだとわかりました。それだからこそ長期に渡って市場で生き残り、毎年発展していけるのでしょう」

食事時間も研修の一部だ。天丼チェーン「てんや」店舗では、天丼を作る行程を見学した。

タナニャンさん「それまで本当の和食を知らなかったので、天ぷらには無関心でした。天丼が美味しいだけでなく、オペレーションがスピーディーで、とてもよく考えられていると思いました。広いとは言えない調理場で、オートフライヤーと手作業の工程を見せてもらい、そのどれもが整然として、時間と原材料を無駄にしないものでした。調理場があんなに最適化されていたとは、とにかく驚きました」

© 写真 : ROYAL HOLDINGS Co., Ltd.てんやを訪れたロシアからの研修生たち
てんやを訪れたロシアからの研修生たち - Sputnik 日本
てんやを訪れたロシアからの研修生たち

ロシアの銀行は日本と比べると圧倒的にバックオフィスの人数が多い。タナニャンさんはスタヴロポリ地方にある12支店・400人以上の行員をまとめている。タナニャンさんには、現場の社員が報告書作成や内部文書のために割く時間が多すぎるという問題意識があった。

タナニャンさん「報告書は日々の売り上げ管理のために毎日作らなくてはいけないものです。しかし天丼作りに見られた『最適化』を参考に報告書にかける時間を減らし、そのぶんお客様対応や商品販売にかける時間を増やすことができました。カイゼンというのは小さいことの積み重ねであり、絶え間ないプロセスです。来年、次のカイゼン事項を導入する予定です」

フォローアップセミナー(日本センター提供) - Sputnik 日本
ロシア人ビジネスマンの横顔:日本滞在で彼らが得たものとは?
また、タナニャンさんは限られたリソースを大事にするのが日本人の特徴だと話す。

タナニャンさん「いかにも日本らしくて面白いと思ったのは、ダスキンのモップ貸し出しサービスです。定期的にきれいにしてもらい、長く同じモップを使い続ける。ロシアではこのビジネスは成立しません。ロシア人なら再利用など考えないで、限界まで使うだけ使って捨ててしまうでしょう。ごみをできるだけ出さないビジネスは、日本人のメンタリティがあってこそだと思います」

ほかの参加者からも「日本へ単に観光で行けば、快適さを享受するだけで、その理由にまでは気付けなかっただろう」との声が聞かれた。研修生が得た「気付き」によって、国全体のサービスレベルの向上や無駄の削減につながることを期待したい。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала