日本で故障に適応可能なロボットが開発される【動画】

© Sputnik / Anton Denisov / フォトバンクに移行クモヒトデ(アーカイブ)
クモヒトデ(アーカイブ) - Sputnik 日本
東北大学などの研究チームが深刻な故障に即座に対応できるクモヒトデ型ロボットの開発に成功した。過酷な状況下での利用に適しているという。科学ニュースサイト「Science Daily」が報じた。

スプートニク日本

Science Daily」によると、クモヒトデは腕を失った際に即座に残りの腕を協調して移動することが可能。クモヒトデの動きの観察を基に造られたこのロボットは、腕が破壊されても同様に即座に協調して動きを続けることが可能。また、ロボットにはメインコンピューターが存在せず、それぞれに腕がセンサー情報を用いて動く。

ロボットに搭載された5本の腕は、センサー情報により環境からの反力を検出し、腕が欠損した場合でもすぐさま協調することが出来る。

関連記事

日本 割れても元通りになるガラスを開発 東大のグループ【写真】

人とともに生きる癒しロボットたち:2017国際ロボット展

米VOGUE、日本のロボットと史上初のモデル契約【写真】

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала