新テクノロジー - Sputnik 日本
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

MIT、光る植物でランプ代替を目指す

© 写真 : American Chemical SocietyMIT、光る植物でランプ代替を目指す
MIT、光る植物でランプ代替を目指す - Sputnik 日本
米マサチューセッツ工科大学(MIT)は発光ナノ粒子を植物の葉の細胞組織に注入し、光らせることに成功した。

スプートニク日本

今回は植物に発光タンパク質を生産させるような遺伝子工学を用いず、お互いに化学反応を起こして光を発する酵素を注入した。光る植物は照明に使う電気エネルギーを節約できる。今日、照明には世界のエネルギー消費量の約5分の1が使われている。

ナノ粒子を溶かした溶液を吸収させた後、葉は4時間発光した。今後は、植物が生きている間、常に光ることが目指される。チームはまた、暗い部屋で読書ができるよう植物の明るさと発光時間を高め、小さな花壇が夜の通りを照らすことができるようになると述べた。

関連ニュース

米、「スパイ植物」の作成を検討

日本が世界初の青い菊を作り出す【写真】

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала