ソフトバンク ブロックチェーン技術を基に借入履歴管理システムを開発

日本のソフトバンク・テクノロジーとシビラが、ブロックチェーン技術を基に個人情報管理システムを開発した。銀行は同システムを使って債務者の借入履歴へアクセスできるという。Nikkei Asian Reviewが伝えた。

スプートニク日本

Nikkei Asian Reviewによると、金融機関は借入履歴を調べることができるようになり、銀行口座の残高や収入金額に関する追加情報を照会する必要がないため、債務者の支払い能力をより効率的に評価するのに役立つ。インフラ管理を担当するのは、ソフトバンク・テクノロジー。

報道によると、販売は2019年にスタートし、2020年までに銀行や消費者金融など30社から50社との協力を目指すという。

先に、The Informationは、テクノロジー分野におけるその活動を受けて、ソフトバンク創始者の孫正義氏を「2018年の人」に選んだ。The Informationは、2018年に孫氏は世界のハイテク産業分野への自社の影響力を高めるだろと予測している。

関連ニュース

露副首相 ロシアはブロックチェーン技術の開発に関する日本の経験を学んでいる

原発付近にマイニング工場、クリプトルーブルと日本のビットコイン流通経験 仮想通貨がいかに私たちの生活を変えるか、ネットオンブズが語る

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала