登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

世論調査:欧州の住民の3分の2が過去10年間で社会の分裂が深まったと指摘 アジアは?

© REUTERS / Paul HackettDemonstrators gather for a Unite for Europe march, in central London, Britain
Demonstrators gather for a Unite for Europe march, in central London, Britain - Sputnik 日本
フォローする
欧州の住民の大部分が、過去10年間で欧州社会の分裂は深まる一方だと考えている。23日に発表されたBBCと世論調査会社イプソスの合同世論調査の結果、明らかとなった。

スプートニク日本

イプソスの代表者はBBCに「欧州全土が同じような傾向を示している」、「少なくとも回答者の3分の2が、彼らの国の社会はある程度、あるいはかなり分裂していると答えた」と語った。

ネット世論調査には、世界27カ国の約2万人が参加した。最も大きな分裂がみられたのは欧州(66%)、続いてラテンアメリカと北米の国々(59%)、分裂が一番小さかったのはアジア諸国(48%)だった。

統合幕僚監部 - Sputnik 日本
防衛分野「悪い方向」30%
回答者らは分裂の主な原因として、宗教、民族性、政治的見解を指摘した。なお回答者らは、英国、フランス、ドイツにおける社会分裂の最重要要因は、移民問題だと指摘した。

また欧州の人々は、寛容性に関する否定的な傾向も指摘した。回答者の47パーセントが、過去10年間で社会の寛容性が低下したと考えている。

なお、この社会の寛容性が低下したと考えている回答者は、ラテンアメリカ諸国では36%、北米では35%、アジア諸国ではわずか27%だった。

関連ニュース

西側諸国の住民「グーグルとFBは情報を操作」 世論調査

50%近い日本人が内閣総辞職に賛成 世論調査

 

 

 

 

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала