クリル諸島射撃訓練への日本の抗議に露外務省がコメント

© AP Photo / Dmitry Lovetskyロシア外務省
ロシア外務省 - Sputnik 日本
ロシア外務省はクリル諸島でのロシアの行為に日本側が抗議したことを受けて声明を表し、関係の前向きな雰囲気を損なうものとして、これを退けた。

スプートニク日本

ロシア外務省は、南クリル諸島でのロシアの行動に日本側が表す反応はここ最近「形式として奇妙なケース」が増えていると指摘している。

安倍首相 - Sputnik 日本
安倍首相、『北方領土』に関する原則変わらないと発言
声明には「ロシアは国防能力の強化措置をも含め、自国領内でいかなる活動も行う主権を有している以上、こうした外交措置を断固として退ける。これらの行為は近隣諸国に向けられてものでは決してなく、完全にわが国の内政問題である」と書かれた上、「遺憾ながら、日本の『拡声器的』外交のこうした再発は両国関係の前向きな雰囲気作りを促さないばかりか、逆にこれを損ない、露日関係全体の発展を妨げとなる」と補足されている。

ロシア外務省はいかなる憂慮も今ある、安全保障分野の信頼措置に関する二国間対話のメカニズムを通して取り除かれるべきものとの確信を示した。

日本の菅官房長官は10日の東京での記者会見で、クリル諸島の周辺における同日の射撃訓練実施計画を理由に日本がロシアに対して抗議を表明したことを明らかにしていた。

関連ニュース

サハリン州 平和条約締結待たずに日本とのビジネス始動に意欲

平和条約は時間の問題ではなく柔軟性の問題 プーチン・安倍首脳会談に関する専門家の見解

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала