モスクワ アンティークサロン閉幕後 日本製の高価な花瓶など12点が盗難

© Sputnik / Ekaterina Chesnokova / フォトバンクに移行Посетители на 44-ом Российском Антикварном Салоне в Центральном доме художника на Крымском Валу в Москве
Посетители на 44-ом Российском Антикварном Салоне в Центральном доме художника на Крымском Валу в Москве - Sputnik 日本
モスクワでアンティークサロンの展示会に出展されていた日本の骨董の花瓶、総額600万ルーブル(1千万円以上)が盗まれる事件が発生した。ロシア内務省イリーナ・ヴォルク公式報道官が明らかにしたところによれば、容疑者はすでに逮捕された。

スプートニク日本

ヴォルク報道官によれば、展示品のオーナー(44)はアンティークサロン閉幕後、駐車場においた自家用車に花瓶などを積み込み、車を離れたわずかな隙に盗難にあった。犯人は車の防犯シグナルを切り、日本製の花瓶12個、七宝の皿1点、銀製の煙草入れ3点を盗んだ。

容疑者2人はすでに拘束されており、盗品も回収されている。盗品は鑑定作業が行われた後、所有者に返却される。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала