情報を次から次へと消費する「クリップ意識」の原因が明らかに

© Fotolia / Andrey KiselevМальчик перед ноутбуком
Мальчик перед ноутбуком  - Sputnik 日本
欧州の数学者は、現代人の集中力が近年著しく著しく減少したとの結論に至った。同時に、断片的な情報を次から次へと乗換えて消費していく「クリップ型」の意識の増加の原因はSNSだけにあるわけではない。研究結果は学術誌「Nature Communications」に掲載された。

スプートニク日本

コペンハーゲン大学のスン・レーマン氏は、研究チームが集中力の集団的特徴を研究したと述べた。このレベルでは、1つのテーマへの集中力はは劇的に低下した。

研究チームは、2013年にTwitter、Reddit、その他のSNSで最も人気のあるハッシュタグがトップに留まった時間が約17時間だったことに気付いた。 2016年にトップを維持した時間はわずか12時間。ハッシュタグが作成されてからピークまでに要した時間、そして人気の低下にかかる時間も大幅に減少した。本、映画、そして学術論文の人気に関しても、まったく同じ変化が起こった。

グーグルでの検索内容を分析することによって、本、映画、学術論文の人気がSNSのハッシュタグと全く同じように変化していることを発見した。

これが示唆するところ、SNSとインターネットだけが「クリップ意識」進行の原因ではなく、社会一般の情報過多が原因である。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала