露中国境のアムール川またぐ道路橋、2020年4月に運用開始へ

© Sputnik / Dmitriy Tupikov / フォトバンクに移行露中国境のアムール川またぐ道路橋、2020年4月に運用開始へ
露中国境のアムール川またぐ道路橋、2020年4月に運用開始へ - Sputnik 日本
ロシア極東・アムール州で31日、露中国境のアムール川(黒竜江)をまたいで建設されている、ブラゴベシチェンスクと黒河を結ぶ道路橋の両方の部分が連結された。ロシアのコズロフ極東・北極圏発展相は橋について、2020年4月に運用開始予定だと記者らに述べた。コズロフ大臣によると、工事は全て予定通りに進んでいるという。

スプートニク日本

コズロフ大臣は「橋の建設作業は2019年12月に完了予定で、さらに全ての技術関係書類の作成が行われる。我々が請負業者と署名した契約の条件によると、2020年4月までに全ての契約事項が履行されることになっている」と述べている。

今回の橋の建設を手掛けているのは、露中合弁の企業「アムール(黒竜江)」。同社を設立するための契約は2016年3月に署名。同社は対等の原則に基づいて設立されたものの、ロシア側の支出は中国側の支出を2倍超上回っていた。橋の建設は同年12月に始まった。

© Sputnik / Dmitriy Tupikov / フォトバンクに移行ブラゴベシチェンスクと黒河を結ぶ道路橋の両方の部分が連結
露中国境のアムール川またぐ道路橋、2020年4月に運用開始へ - Sputnik 日本
ブラゴベシチェンスクと黒河を結ぶ道路橋の両方の部分が連結

関連記事

サハリン―北海道橋 メリットは?

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала