欧州航空安全機関、ボーイング737MAXに新たな問題見つける=ブルームバーグ

欧州航空安全機関(EASA)は米連邦航空局(FAA)とボーイング社に対し、ボーイング737MAXの運行再開条件として、同型機への5つの要求からなるリストを送付した。ブルームバーグが報じた。

ブルームバーグによると、要求の1つはオートパイロット機能に関係する。737MAX型機に対して、オートパイロット機能に関する要求が出されたのは初めて。

昨年10月、ボーイング737MAX8がインドネシア沖で墜落し、乗っていた189人は全員死亡した。今年3月には737MAXがエチオピアで墜落し、157人が死亡した。その後、各国で同型機の運行が禁止された。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала