露印合弁会社、射程500キロのミサイルを完成させる

© Sputnik / Alexei Danichev「BrahMos Aerospace」
「BrahMos Aerospace」 - Sputnik 日本
露印合弁会社「BrahMos Aerospace」のスディール・クマール・ミシュラ社長は、射程を500キロに延伸した超音速巡航ミサイル「ブラモス」の改良型が完成したと発表した。エコノミックタイムズが報じた。

「射程を500キロに延伸したミサイルの改良型が完成した。射程延伸は、インドが2016年、ミサイル技術管理レジーム(MTCR)に加わったことで可能になった」

現在軍に配備されている「ブラモス」の射程は300キロだ。

関連ニュース

露印共同開発の超音速ミサイル 2024年には完成

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала