「カラシニコフ」 新しい狙撃用ライフルの組み立ビデオを公開【動画】

© Sputnik / Vitaliy Belousov / フォトバンクに移行「カラシニコフ」
「カラシニコフ」 - Sputnik 日本
コンツェルン「カラシニコフ」は、新しい狙撃用ライフルの設計の動画を発表した。動画では、設計者がどのようにライフルの制作に取り組んだかが理解できる。

また、動画ではライフル銃はデジタル技術、とりわけ3Dプリンターを利用してデザインされていることが紹介されている。

新しい狙撃用ライフル銃は、中短距離の敵を狙撃するために開発された。銃の小型化と軽量化は兵士たちの機動力を向上させる。

カラシニコフ社によればライフル銃の特徴は以下のとおり。

全長 995-1015ミリメートル

重量 4.2キログラム

有効射程 1200メートル

銃身長 410ミリメートル

口径 7.62ミリ、8.6ミリ

現在、狙撃用ライフルには使用弾薬7.62×51、7.62×54、.338ラプア・マグナムの3つのタイプがある。マガジン容量は10、15、20。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала