登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

自然との調和 海洋生物を通して海の深さを探求する人々

フォローする
2019年9月26日は「世界海事の日」と制定されている。この日の目的は、乱獲や汚染、地球温暖化による海洋問題について社会の関心を高め、また、海洋生物に関する懸念を人々にアピールすることにある。海のダイビング愛好家たちと海洋生物の鮮やかな写真を、スプートニクがみなさんに紹介します。

毎年、世界海事の日は具体的なテーマが設けられる。2019年の中心テーマは「海のコミュニティーにおける女性の役割強化」とされ、海事組織でのキャリア形成の大きな可能性を女性たちに示すことにある。

スプートニク日本は、海洋生物に関するニュースを積極的に紹介している。たとえば以前、ロシアの沿海地方では、「イルカ監獄」にイルカとシャチを捕獲し、中国でそれらを違法に販売しようとするスキャンダルが起こった。こうした矛盾は、動物保護者やロシアの研究者たちだけでなく、ハリウッド・スターたちの注目を集めた。その結果、シャチやイルカは随時オホーツク海に解放されはじめた。

© AP Photo / Beatrice Larco水深66フートでジンベイザメを見つめるダイバーら ケニア 南部沿岸
水深66フートでジンベイザメを見つめるダイバーら ケニア 南部沿岸 - Sputnik 日本
1/12
水深66フートでジンベイザメを見つめるダイバーら ケニア 南部沿岸
© AFP 2021 / Tarik Tinazayダイバーと並んで泳ぐクラゲ トルコ ケメル
ダイバーと並んで泳ぐクラゲ トルコ ケメル - Sputnik 日本
2/12
ダイバーと並んで泳ぐクラゲ トルコ ケメル
© AFP 2021 / Valerie Maconカメと戯れるダイバー フランス領ポリネシア モーレア島
カメと戯れるダイバー フランス領ポリネシア モーレア島 - Sputnik 日本
3/12
カメと戯れるダイバー フランス領ポリネシア モーレア島
© AP Photo / DPA / Thomas Eisenkraetzerイルカを撮影する人々
イルカを撮影する人々 - Sputnik 日本
4/12
イルカを撮影する人々
CC BY 2.0 / Adam / Belize海綿動物の側を泳ぐダイバー 中央アメリカ ベリーズ
海綿動物の側を泳ぐダイバー 中央アメリカ ベリーズ - Sputnik 日本
5/12
海綿動物の側を泳ぐダイバー 中央アメリカ ベリーズ
© AFP 2021 / Valerie Maconサメとダイバー フランス領ポリネシア モーレア島
サメとダイバー フランス領ポリネシア モーレア島 - Sputnik 日本
6/12
サメとダイバー フランス領ポリネシア モーレア島
© AFP 2021 / Boris Horvatマルセイユ近くの海底のヒトデ フランス南部 マルセイユ
マルセイユ近くの海底のヒトデ フランス南部 マルセイユ - Sputnik 日本
7/12
マルセイユ近くの海底のヒトデ フランス南部 マルセイユ
© AFP 2021 / Antoine Bouthierウニを獲る女性ダイバー
ウニを獲る女性ダイバー - Sputnik 日本
8/12
ウニを獲る女性ダイバー
9/12
ウミヘビとダイバー
© 写真 : Public domain/Greg McFall/NOAA Office of National Marine Sanctuariesサンゴの間から姿を見せるトラウツボとサンゴ礁の研究者
サンゴの間から姿を見せるトラウツボとサンゴ礁の研究者 - Sputnik 日本
10/12
サンゴの間から姿を見せるトラウツボとサンゴ礁の研究者
© 写真 : Public domain/ NOAA's National Ocean Service漁網から助けられたゼニガタアザラシとダイバーたち
漁網から助けられたゼニガタアザラシとダイバーたち - Sputnik 日本
11/12
漁網から助けられたゼニガタアザラシとダイバーたち
CC BY 2.0 / ChrisDag / Octopusダイバーとタコ
ダイバーとタコ - Sputnik 日本
12/12
ダイバーとタコ
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала