登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

死刑の再導入を支持するロシア人の割合が明らかに=世論調査

フォローする
ロシアの世論調査機関「世論財団」は、死刑に関する調査を実施した。結果、ロシア人の大多数(69%)が、複数の犯罪には死刑を宣告するべきだと考えていることがわかった。なお、ロシアに死刑を再導入するべきだとするロシア人は半数以上(52%)だった。

 


死刑それとも特赦?

調査では、ロシアは死刑を再導入するべきか、それとも完全に廃止するべきか、あるいはこれまで通り死刑執行のモラトリアム(一時停止)を継続するべきかについて質問された。

ブルネイのボルキア国王 - Sputnik 日本
不倫や同性との性行為に対する死刑、猶予期間導入へ ブルネイ
結果、回答者の52%が「死刑を再導入するべき」と答え、30%が「モラトリアムを継続するべき」(死刑を廃止するのではなく、死刑の執行を停止)と答え、死刑の完全な廃止を支持したのはわずか8%だった。

また調査によると、大多数のロシア人(69%)が、未成年に対する性犯罪(68%)、殺人(57%)、テロリズム(53%)などの複数の犯罪に対しては死刑が宣告されるべきだと回答した。なお回答者の21%が逆の意見を示した。

またロシアで1996年に導入された、死刑が宣告されても執行はされない死刑執行のモラトリアムについては、ロシア人の約半数(45%)が導入は間違っていたと考えており、37%が間違っていなかったとの確信を示し、18%がわからないと答えた。


サラトフでの殺人事件

ロシアのサラトフで7歳の少女が通学途中に行方不明になり、遺体で見つかった殺人事件が起こった後、ロシアでは死刑の再導入に関する問題が提起された。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала