世界初 仮死状態での手術が成功

CC0 / Pixabay / 医者(アーカイブ写真)
医者(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
米国で世界で初めて仮死状態での緊急外科手術が成功した。米国の研究者らの発表を英科学誌「ニュー・サイエンティスト」が報じている。

致命傷を負った場合、多くの人が外科医による手術が間に合わずに亡くなる。心臓が停止すると、大量の血液を失い、人間の脳はわずか5分しか生きることができない。米メリーランド大ボルティモア校の研究者らは、心停止や大量出血の患者を救う手だてを開発した。それは、患者をコールドスリープ(人工冬眠)状態にし、手術を行うというものだ。すでに1件の成功事例が報告されている。

ニューロン - Sputnik 日本
研究者らが多発性硬化症を抑制する分子を発見
研究者らが提案する方法は、患者の体内の血液を全て冷たい生理食塩水で入れ替え、体温を10~15度まで冷却するというもの。患者をコールドスリープ状態にすると、外科医は2時間かけて怪我の処置を行うことができ、処置後に血液を患者の体内に戻し、体温を通常の約37度前後に戻して蘇生させる。

この新しい手術法は、米メリーランド大医療センターの集中治療室で行う実験として採用された。この実験は2020年末まで行われる。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала