イラクが露製ミサイルS-400の購入を検討 米国は制裁で牽制

© Sputnik / Department of the information support of the Baltic region / フォトバンクに移行

 - Sputnik 日本
イラクはロシア製の地対空ミサイルシステム「S-400」の購入に向けて動いている。これを受けて米国は制裁を検討している。米国務省のジョーイ・フッド近東問題担当第一補佐官が発言した。

プーチン大統領 - Sputnik 日本
2019年 ロシアの武器輸出が増加 プーチン大統領
ワシントンの近東問題研究所で行われた会議に出席したジョーイ・フッド近東問題担当第一補佐官は、イラクがロシア製の地対空ミサイルシステム「S-400」の購入を検討している点について、「制裁の引き金となるだろう、私たちのパートナーにこうした購入は行わないよう助言する」と発言した。

先にウォール・ストリート・ジャーナル紙はイラクの国会議員による発言を引用して、同国がロシア製のS-400購入を検討している、と報じた。米国はこれまでS-400の購入に関連して複数の国に対して制裁をちらつかせている。

関連ニュース

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала