過激派組織が露ダゲスタンで摘発=連邦保安庁

© 写真 : Federal Security Service of the Russian Federation / フォトバンクに移行

 - Sputnik 日本
露ダゲスタン共和国の治安当局は国内での活動が禁止されている国際過激派組織「タクフィール・ワル・ヒジュラ」のメンバーらを逮捕した。連邦保安庁のダゲスタン支部がリアノーボスチ通信に発表した。

連邦保安庁は内務省と共同して、ダゲスタンで活動する「タクフィール・ワル・ヒジュラ」の関係者らを一斉に摘発した。

ロシア連邦保安庁の建物 - Sputnik 日本
モスクワのロシア連邦保安庁の建物付近で発砲事件 3人が死亡【動画】
摘発はロシア連邦刑法典第282条第2項「過激組織の活動の組織化」に従って進められ、過激派組織の首謀者とメンバーら、あわせて6人を逮捕した。

首謀者らの自宅で行われた家宅捜査では過激な思想に関する文献や、そうした情報を含む電子機器が押収された。現在、連邦保安庁では取り調べが行われている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала