アエロフロート社が運休路線を拡大 新型コロナの影響

© Sputnik / Maxim Blinov

 - Sputnik 日本
ロシア航空最大手のアエロフロート社は新型コロナウイルスのパンデミックを受けてインド、フィンランド、スウェーデン、アゼルバイジャン、クロアチア、ブルガリア、ギリシャ間の定期便を運休とした。同社の公式サイトで発表された。

アエロフロート社はモスクワを発着地とする複数の国際便を運休とした。運休となった国際線と運休期間は次の通り。

デリ(3月22日~3月28日)、ヘルシンキ(3月23日~4月2日)、ストックホルム(3月23日~4月17日)、バクー(3月29日~4月30日)、ザグレブ(3月24日~4月19日)、ソフィア(3月27日~4月17日)、アテネ(3月24日~4月18日)。


 - Sputnik 日本
世界陸連とスペイン陸連が五輪延期を要請

一方、ロシア政府が渡航禁止を撤回したことにより、モスクワ=ドバイ間の定期便は3月23日から再開されることとなった。

世界保健機関(WHO)は11日、新型コロナウイルスについて、世界的な流行を意味するパンデミックにあたると表明した。世界では26万6000人以上が感染、そのうち1万1184人が死亡した。

スプートニクは新型コロナウイルスに関するその他の疑問と回答について別記事でご紹介している。こちらの記事およびこちらの記事をお読み下さい。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала