あまりに急激な経済回復は環境に悪影響 CO2排出量2億3000万ギガトン

新型コロナ流行による経済危機から脱出を図る現在だが、あまりに急速で一貫性のない回復は世界のCO2(二酸化炭素)排出量を2億3000万ギガトン増加させるという。米カリフォルニア大学の研究者らが発表した。論文は学術誌Natureに掲載されている。

論文では、過去の経済危機後に見られたCO2排出量の増加が分析されている。1973年のオイルショック、1991年のソ連崩壊、2008-2009年の世界金融危機(リーマンショック)なども含まれている。

自然(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
生物学者の見解 コロナ発生理由
この研究調査により、経済回復戦略を立てる際に気候への影響を考慮しない場合、2億3000万ギガトンのCO2が大気に排出されることが明らかになった。その場合、2050年までに大気中のCO2濃度は極めて高くなる可能性がある。

カリフォルニア大のダビッド・ビクター教授は「経済回復には多くの機会があり、CO2排出量の削減を可能にするものもある。政府は長期的な環境への影響を最小に抑え、一方で迅速に雇用と所得を守る施策を見つけなければならない」とコメントした。

関連ニュース

コロナウイルスで記録的なCO2排出量削減 しかし効果は一時的とも

© Sputnik / Savitskaya Kristina経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
あまりに急激な経済回復は環境に悪影響 CO2排出量2億3000万ギガトン - Sputnik 日本
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала