登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本、病気の発症リスク予測にAI活用

フォローする
日本の研究チームが、約2万人の健康データをもとに、人工知能(AI)を活用して3年以内に糖尿病や認知症など約20種類の病気にかかる可能性を予測する方法を開発した。

共同通信などの日本メディアによると、弘前大学と京都大学の研究チームは、約20項目の健康診断のデータを入力し、AIを使って病気の発症リスクを予測するシステムを開発した。

同システムでは健康状態、遺伝子情報、生活習慣、悪習慣に関するデータも考慮されるという。

糖尿病、認知症、動脈硬化、高血圧症など約20種類の病気にかかる可能性を予測できる。

研究者らは、事前に予想できば適切な措置を講じ、生活習慣を変えるなどして病気を予防できると考えている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала