登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

核実験の禁止をロシアは順守 米国に抗議=露外務省

© Sputnik / Natalia Seliverstova / フォトバンクに移行ロシア外務省
ロシア外務省 - Sputnik 日本
フォローする
米国はロシア側が秘密裏に核実験を行っているとして、1974年に米国とロシア(当時はソ連)が署名した地下核実験制限条約に違反していると批判し、包括的核実験禁止条約(CTBT)の批准を拒んでいる。これに対しロシア外務省は声明を発表し、核実験の停止を徹底して順守しており、CTBTに違反していないとコメントした。

ロシア外務省は声明の中で、核実験の停止を徹底して順守しており、CTBTに違反していないと強調した。さらにロシア外務省は「米国とは違い、我々は20年前に同条約を批准してから徹底して順守している」とし、同条約をいまだに批准していない米国政府の対応を批判した。さらに、履行義務内容の評価について意見が分かれる際は、CTBTが発効してからこの枠組み内で調停する必要があるとコメントした。

米軍のF16 - Sputnik 日本
オープンスカイズ条約は「ドミノ理論」で崩壊する恐れ=ロシア外務省

加えてロシア外務省は米国が依然としてCTBTを批准していないことから、核実験の禁止に関わる義務の順守を米国と議論することは非建設的と記した。

CTBTにまだ批准・署名していない国はエジプトとイスラエル、インド、イラン、中国、北朝鮮、パキスタン、米国。日本とロシアは1996年に署名、それぞれ1997年と2000年に批准している。

米国はロシア側が秘密裏に核実験を行っているとして、1974年に米国とソ連が署名した地下核実験制限条約に違反していると批判し、CTBTの批准を拒んでいる。これに対し、ロシア側は米国側がいかなる根拠も示していないとして批判を退けている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала