不適切な耳掃除で感染症に! 耳鼻科医が耳掃除の危険性を解説

綿棒で耳垢を完全に取ろうとすることは、無駄なだけでなく、むしろ有害だとロシアの耳鼻咽喉科専門医のイワン・レスコフ氏がラジオ・スプートニクで語っている。同氏によると、耳垢が完全に取り除かれてしまうと、感染症にかかる恐れが高くなるという。

親は子どもが幼い頃から耳掃除をするようにしつけるが、きれいにするのは耳の入り口だけでいいと教えることはほとんどない。このためレスコフ氏は、綿棒で外耳道を傷つけてしまった患者を絶えず診ていると語っている。

レスコフ氏は、「耳には耳垢が少量存在しますが、これは必要なものなのです」と説明する。耳垢は、我々の手や足の皮膚とは異なる外耳道の皮膚を保護するものだという。さらに毛穴が大きいため、耳垢をとってしまうと外耳道の皮膚が感染症にかかるリスクが高くなる。

同氏は、耳に大量の耳垢があると耳が聞こえなくなってしまうと恐れる必要はなく、そのようなことが起こることはないと指摘している。

最後にレスコフ氏は、「耳垢はとても簡単に耳から排出されます。例として、歯を噛んだ時に耳から出ていくのです」とラジオで語った。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала