登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

パレスチナ イスラエルとの対話意思を表明

© Flickr / steve_hパレスチナの旗(アーカイブ)
パレスチナの旗(アーカイブ) - Sputnik 日本
でフォローする
パレスチナはイスラエルとは新たな条件で国際的な保証を得た上で対話を行う構えを表明した。アブデリハフィズ・ノファリ駐露パレスチナ大使はロシアのマスコミの組織したオンライン会議上で明らかにした。

ノファリ大使は、パレスチナは双方に都合のよい決定をとるための対話は継続する構えであるものの、そのためにはこの問題を整理するための新たなメカニズムを作る必要があると指摘している。ただし米国がこの問題に介入することについてはノファリ大使は一方的な問題調整であり、受け入れられないと語っている。

トランプ大統領 - Sputnik 日本
「世紀の取引」のおかげでイスラエルは平和に向けて大きな一歩を踏み出す=トランプ大統領
ノファリ大使は、ロシアはパレスチナ、イスラエルの調整で主要な役割のひとつを演じうると指摘し、パレスチナは中東カルテッドないし、国連安保理5か国の枠内で新たな国際メカニズムを形成することは不可欠と述べた。

ノファリ大使は「我々はイスラエルが連合、1つの国家と様々な形式を語っているのを目にしているが、我々は唯一受け入れられる解決法は2つの国家の形成であると語っている」と指摘した。

これより前、イスラエル大統領はパレスチナとの和平の必要性を明らかにしていた。


世紀の取引

トランプ米大統領は1月28日、 イスラエルとパレスチナの和平案「世紀の取引」 の内容について明らかにした。 同案は同地域の紛争に終止符を打つとしている。 同案はパレスチナの独立国家建設と非武装化、 イスラエルのヨルダン川東部管轄権の保持、 エルサレムはイスラエルの不可分の首都となることを見込んでいる 。イスラエルのネタニヤフ首相は、この「取引」 により東エルサレムの「分断壁の向こう」 アブディス市がパレスチナの首都として認められると述べた。 パレスチナ自治政府のアッバス議長はこの和平案を退け、 パレスチナはイスラエルを首都とする1967年国境ラインでの国 家承認を主張すると発言した。

記事一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала