ナショナル・インタレスト誌 米戦闘機F-22とF-35の「弱点」を指摘

CC BY-SA 2.0 / U.S. Navy/Benjamin F. Davella III / F-35
F-35 - Sputnik 日本
米ステレス戦闘機F-22とF-35にはいくつかの欠陥が存在する。これらは対戦相手、特にロシアにとっては同戦闘機の弱点となりうる。ナショナル・インタレスト誌が報じた。

報道では、ロシアのOTHレーダー「ポドサルヌフ」は空中のステレス機発見という課題を見事にこなしているという。また、ロシア製レーダーは広範囲で易々とF-35を追跡することができるとも指摘。同誌は、ステレス機は、予想に反し、「透明のマント」の役割を果たせていないと強調する。

同誌は、赤外線探索技術は米機の位置を捕捉しているとも指摘する。

同誌は、米戦闘機のその他の欠陥として、空中戦においてパラメーターのあらゆる点で重大な遅れがあることを指摘しており、こうした問題は戦闘機F-35またはB-2が想定していないと述べている。また、空中戦を予想した場合、ロシア機Su-57にとってF-35は相手ではない可能性があると強調する。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала