登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

長年のドライバ問題がついに解決へ Windows 10のアップデート「21H2」で

Windows 10 - Sputnik 日本, 1920, 05.04.2021
フォローする
コードネーム「Sun Valley」で知られるWindows 10のアップデート「21H2」では、サードパーティ製ドライバが今までのものとは別のフォルダに保存されることが分かった。Windows Latestが伝えている。この変更は地味なもののように見えるが、非常に重要な変更点となる。

PCが正常に作動するためには、ドライバのアップデートが不可欠だが、間違ったドライバや問題のあるドライバをインストールすると、致命的なシステムクラッシュや、パフォーマンスの低下など、パソコンに深刻な影響を及ぼす恐れがある。

現在のところ、全てのドライバはフォルダ「System32」にあるDriverStoreの中にある。System32は重要なシステムフォルダであるため、サードパーティ製のドライバが保存されていると問題が発生する可能性がある。

しかし、Windows 10のアップデート「21H2」では、そういった「非ネイティブな」ドライバは「System32」からフォルダ「OEMDRIVERS」に移動される。同サイトによると、この変更は、「21H2」のプレビュー版ですでに登場している。

この変更により、システムの安定性が向上し、「死の青い画面(Blue Screen of Death, BSoD)」などの致命的なクラッシュの発生が減少し、ドライバを定期的にアップグレードしているユーザーにとっては「System32」の肥大化を防ぐことができるため、システムのパフォーマンス面でのメリットが期待されている。

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала